迷惑をかけない円満退職の仕方

会社の負担となるような退職は避け、円満退職をしましょう。仕事を辞めたいという意向は、すぐ上の上司に伝えます。飛ばしてもっと上の人に言っては、上司に迷惑がかかります。あくまでも直属の上司に退職の意思を伝えるようにします。直属の上司が退職を認めてくれない場合などは上司の上司に伝えるようにします。退職という希望が通ったら、上司や関係者を交えて具体的な退職までの段取りについて話し合います。仕事の引き継ぎ新しい業務分担、関係会社へのあいさつなど、1つ1つの内容をきちんと終わらせていくことです。まず初めは、いかにスムーズに上司に退職の意向を伝え受け入れてもらえるかです。少し時間をくださいと上司にアポイントを取り付け、周囲に人がいない環境で退職したいことを言います。なぜ退職をしたいのかと言われても、会社への不満や社内の人に対する悪口は口にするものではありません。君に辞められたら困るなどと引き留められることもありますが、すでに転職先が決まっている時には自分の意思を曲げないようにします。会社を辞める時に円満退職が望ましいのは、会社と問題を起こしたままやめると、損害賠償などが起きることがあるからです。例えば、1カ月以内に仕事を辞めたいという意向と、会社側の1カ月後の納品まで待って欲しいという意向がぶつかった例があります。その時は、会社の要求を全く聞かず、自分の希望を優先して退職をしたのですが、結局会社は納品が間に合わず損害が出てしまいました。この時、会社は退職した元社員に損害賠償を求めたそうです。理由は無理な退職によるものです。円満退職を心がけておけば、このようなトラブルも発生しなかったかもしれません。会社にも自分にも損をしないよう、円満退職は重要なことです。痩せるダイエットの方法をご紹介


Comments are closed here.